Spinoisスピノア
スピノア 肌は全てを知っている。 水を尊ぶ。肌のちからを呼び覚ます。スピノワは、肌本来の機能をサポートして、素肌美を実現します。
商品ページへ

BRAND

Spinois

肌をいたわるように、
水を考えるようになりました。

「日々、肌の声を聴く」。
1996年の発売以来、いままでも、
またこれからも変わることのないポリシーです。

なにかを与えて満足するのではなく、
肌が本来持つ働きを知り、
毎日のスキンケアですこやかな肌を育んでいく。

Read More

 たとえば、できてしまったシミ。
そのシミは、人体に有害な紫外線を
肌がブロックしたあかし
内臓に有害な刺激が届かないように、
防いだ肌の働きなのです。

いのちを守ってくれた肌をいたわり、原因を考える。
その気づきが、ご自身の肌質を学ぶ糸口となり
新たな世界へと肌を変化させていくのです。

Spinois01

本当の肌のうるおいにふれる。

スピノワは、肌の声に耳を傾ける化粧品。

忙しい日常で立ち止まり、
ていねいなスキンケアをする。
肌にふれるか、ふれないかの繊細なタッチで、
うるおいを確かめます。

肌に手の甲を当てた時に、吸い付くような感覚。
この充分な保湿感がプライマリースキンポイント 。
日々大切に、肌をいつくしんでいると、
水分をたくわえた本当の肌のうるおいがわかります。

スピノワのスキンケアをするうち、
肌が、すこやかに機能していることを
実感されることでしょう。
同時に、肌をでるきもちが増していることに
気づかれるのではないでしょうか。

肌の働きを超える化粧品は、肌をこくします。
もしそのような化粧品をお使いの経験があれば、
スピノワを手にとっていただいた時に、
自分の肌のちからに大きくこころを
動かされることでしょう。

フェイス、デコルテ 、スカルプ、ハンド、ボディ…。
ただ便宜上の分類だと気づかずに、
肌をパーツごとに考えてはいないでしょうか。
肌はつながっています。 全身一枚肌 なのです。
お顔など目に見える肌だけではなく、
頭皮の肌も、背中の肌も
やさしくいつくしんであげましょう。

Spinois02

いのちに働きかける。

そうして肌を愛でるうち、
スピノワは水のことを考えるようになりました。

化粧品の裏面表示には、
水も成分も並列に表記されています。
が、水は化粧品の成分を融合させ変化をうながす、
重要なエネルギー源でもあり、
肌に有効な成分は、その媒体である水を介さなければ、肌に届きません。

化粧品においても水は、もっとも大切な存在です。

名水があると聞けば、国内のどんな秘境にも足を運び、
肌への有効成分を溶かし、
化粧品としてはどうかと試しました

全国あらゆる名水を試した結果、
飲んで健康に良いとされたり、
この上もなく口に甘い水が、
必ずしも化粧品に良いのではないと知りました。

たどり着いたのは、磨き上げた蒸留水。
肌への有効成分を活かすために、
完全無垢な水を選びました。
水そのものに個性があってはいけないのです。

完全無垢な水だからこそ、
独自開発した箱の中で三ヶ月間熟成させることにより、
化粧品の水として理想的な、
奥行きのあるまろやか水へと生まれ変わるのです。

製造工場の協力のもと、開発から安定供給に至るまで
実に 17年という歳月をかけています。

ディープ研究所は、アイテムに応じて、
その水を調整して使っています。

水の調整にも手をかけるため、
製品化までに時間がかかります。
一度に、たくさんの化粧品をつくることはできません。

水は、いのちのみなもと。
肌の声を聞くことは、
いのちを尊ぶことにほかなりません。

日々、スピノワは、いのちに働きかけます。